【留学準備】これで失敗なし!|留学前に読んでおきたいおすすめ本5選

英語勉強法

こんにちは!
今回は憧れだった留学生活を開始する前に、これは読んでおいたら役に立つと感じた本を皆様に共有したいと思います。

  • 「留学の不安を払拭したい」
  • 「留学を予定しているけど現地での生活が心配」こう考えている方にオススメの内容です。

また、このブログで今まで「海外に興味はあるけど、なかなか踏み出せない…」と思っている方にも、海外旅行や留学の実現方法をご紹介していきます。

どうぞ、最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

留学前に読んでおきたい本5選

私は高校時代に1年間アメリカ・ロサンゼルスへ、大学時代にはスウェーデン・ストックホルムへ半年間留学しました。

留学をする理由は様々ですが、「留学を通じて人として成長したい」「何かを成し遂げたい」と言う思いは共通してあるのではないかと思います。

これから、留学に役立つ本として「教養」と「英語力」と言う観点でおすすめの本をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ本 ー教養編ー

D・カーネギー「人を動かす」

現代ではあらゆる自己啓発本があります。たくさんありすぎて何を読めば良いのか迷ってしまい、結局読まないことの方が多いのではないでしょうか。

この「人を動かす」という本は500万部を超えるD・カーネギー氏の不屈の名作であり、全ての自己啓発本の原点であると言えます。

人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、様々な実例を用いて丁寧に語られています。本が書かれたのは1936年ですが、現代を生きる私たちに本当に必要な生きる上でのヒントを与えてくれます。

教養本としては一番のオススメです。

Amazon.co.jp: 人を動かす 文庫版 eBook: D・カーネギー, 山口 博: Kindleストア
Amazon.co.jp: 人を動かす 文庫版 eBook: D・カーネギー, 山口 博: Kindleストア

G・マッキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」

「やらなければいけないことが多すぎて終わらない」といった場面において”本質的な仕事”に集中することがこのような問題を解決する方法である。その方法論が提唱されているのがこの「エッセンシャル思考」という本です。

著者のG・マキューンはAppleや Google、Facebookなどの超大手ハイテク企業に対してコンサルティングを行っている人物でもあります。

労働時間がどうしても長くなってしまっている方や、何から手をつけたらいいのか”優先順位”に悩まれている方には大いに参考になる本かと思います。自分が取り組むべきことの”本質”は何なのか、それを考えるために役立つ内容になっています。

Amazon.co.jp: エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする eBook: グレッグ・マキューン, 高橋璃子: Kindleストア
Amazon.co.jp: エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする eBook: グレッグ・マキューン, 高橋璃子: Kindleストア

ウィリアム・A・ヴァンス「答え方が人生を変える」

世界85カ国、25,000人以上にコミュニケーション指導をしてきた言語学者ウィリアム・A・ヴァンスが、質問に対する「答え方」の基本や戦術にフォーカスした類を見ない書籍です。

今まで様々な「質問力」に関する本は見てきましたが、「答え方」にフォーカスした内容は初めて見ました。

「答え方」は人生や会社の命運や人間関係を大きく左右するのはもちろん、自分自身でコントロールすることで無限大のパワーを発揮することができる、と解説しています。

この本の内容を理解し、実践することで

  • コミュニケーションが生産的になる
  • 誰とでも良好な人間関係がつくれる
  • 自分の能力や人格をしっかり伝えられる
  • どんな質問も怖くなくなる
  • どんな言語でも(英語でも中国語でも)通用する

といった能力を身につけるきっかけになると思います。特に海外留学を目前に控えた方々にオススメしたいです。

Amazon.co.jp: 答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」 eBook: ウィリアム・A・ ヴァンス, 神田 房枝: Kindleストア
Amazon.co.jp: 答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」 eBook: ウィリアム・A・ ヴァンス, 神田 房枝: Kindleストア

おすすめ本 ー実践編ー

東進ブックス「一億人の英会話」

言わずと知れたベストセラー「一億人の英文法」の英会話バージョンです。

簡単な音読を数多く繰り返すことによって、日本人が最も苦手としてきた語順や表現を体に打ち込んでいくという内容になっています。

英語の語順や基本配列を十分に学んでいないために、ある程度英語が読め、数多くの単語を覚えてきた人が英会話が満足にできないことが多くあります。

この本の英文を見ずに「暗唱」できるレベルに到達すれば、英語の全パターンの中から適切な文型を瞬時に選択し、英語を自由に話す能力を身に付けられます。

留学開始まで数ヶ月あるが、これから学んでいきたいと思っている方にオススメです。

一億人の英会話 (東進ブックス) | 大西 泰斗, デイビット エバンス |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大西 泰斗, デイビット エバンスの一億人の英会話 (東進ブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。大西 泰斗, デイビット エバンス作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また一億人の英会話 (東進ブックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

スティーブ・ソレイシィ「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」

最後にご紹介するのが、NHKラジオのネイティブ講師が教える、いままでの常識を覆す英語習得法について解説している書籍です。

英会話ができるようになるために、多くの人が考えることは

  • TOEICは最低600点以上を取る
  • 「a」と「the」の使い分けをしっかりする
  • 「R」と「L」の発音をマスターする

など、難しいことをまず最初に習得しようとしがちです。

この本はそんな日本人が難しく考えてしまいがちなことを一旦忘れ、もっと簡単に英会話ができるようになる方法を解説しています。

たとえ留学直前であっても使える内容がたくさん書かれています。ぜひこれを留学のお供として現地で活用してみてください。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください! | スティーブ・ソレイシィ, 大橋弘祐 | 英語 | Kindleストア | Amazon
Amazonでスティーブ・ソレイシィ, 大橋弘祐の難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した本は私が実際に読み、留学中や英会話をする際にとても参考になったものを厳選してご紹介しました。

英語の上達だけでなく、留学を通じて人として成長したいと考えている方の味方になると思います。

ぜひ、このような本の内容をしっかりと身に付け、日頃から活用してみてください。
皆さんの考え方や日々の行動が確実に変わります。

それでは、今回は以上になります。
これからも留学や英語に関する情報をたくさんお届けしていきます。お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました